サッカーサッカー協会の決勝戦を期待しています。-追踪309

サッカーサッカーサッカー協会の決勝戦を期待しています。「一枚目」を楽しみにしています!サッカー協会杯準決勝第2ラウンドの二つの勝負今夜は開戦して、蘇寧はホームで応戦上海申花。3回前に対戦して、江蘇省では2勝1敗が優勢だ。第4回の戦いは、年の引き分けだけで3年連続のサッカー協会決勝進出の「帽子手品」が実現できる」。もちろん、もっと希望チームの勝利をファンに送る1部の大。友たちは、シーズン4回目の待ち合わせシーズンに入ることができないのではない。先週、剛はホームでチームを天津泰の達、各競技5連勝を達成し、今晩、引き続きアウェー作戦、上海申花の挑戦を迎える。これはサッカー協会杯準決勝第2ラウンドの試合、はち月じゅうななじゅうしち日の最初のターン、蘇寧アウェイでさん:にやっつけろ、抢得たイニシアチブ、今晩の試合で、決定のどのチームに今季のサッカーカップ決勝。江蘇省のサッカーチームと申花は3シーズン連続で出会っていた。シーズンの江蘇の前身は、決勝戦の2ラウンドの決勝戦で180分になり、最終的には延長戦で優勝して、初めてサッカー協会の優勝を獲得した。2014シーズンサッカー協会、両シーズンと同様に準決勝で出会った。今、江蘇省のサッカーはすでに江蘇省の時代に入って、古い友達との対決は依然として人気があります。今回のシーズンでは、中国では2回目の対戦が行われ、双方はそれぞれ自分のホームに勝利し、サッカー協会の第1ラウンドを加えて、今夜はオリンピックで4回目に会うことになりました。現在、ポイントは50点を達成した江蘇省ではリーグ戦で2位にランクされ、申花は8点で3位になった。選手を誇りに思っているのが自慢しなければならない目標を達成することを望んでいます。7月30日、第20回のリーグ戦で虹口足球場で2:3、半カ月後に再び出会い、韓国人は同じ相手に同じミスをしないことを明らかにした。その結果、人々は見ていたが、今回はで3:2に勝ちました。三球に入ってきたのは、これを意味するということを意味していますが、チームはやはりファンの皆さんに各試合のホーム8連勝を捧げたいと思います。「サッカー協会のカップ半決勝は2試合です。前回は勝利を獲得しましたが、ホーム試合も大変でした。。」その前に発表会に出席したリーダーは「明日の試合、チームが最近の良い状態に続くことを望んでおり、我々の目標を達成したい」と述べた。」それによると、お花はとても良いチームで、攻撃力も非常に強いです。「選手たちは明日自慢しないでください。強い意志で、試合前に決めた目標を十分に完成させなければなりません。」崔龙洙「私たちチームが自分で決めた目標は、明日は油断してはいけませ、高度の集中精神と闘誌が到達目標の完成に行く。」崔龙洙チームの小さな目標は、自然に乱入サッカー大会の決勝戦は、韓国人より大きな目標を明らかには、来年のACLリーグ。現在の状況から見て、江蘇省の1匹の足はすでに基本的に次のシーズンのエネルギーに入って、資格の試合を打つ必要がなくて、また次の試合の結果を見ることができます。クラブチームにポスター激励期待1﹄輪リーグや泰の達の対決、蘇寧はボールにも良い、それは主力選手を得た部分を順番に休む。後半の補った時、洪はちょうどこの戦いは10分くらいしか出場していない。リーダーの自慢とゴールの功労者の長さも、元が繰り上げて結末を変えた。今日の再会については、三年連続でサッカー協会の決勝戦のチャンスを上げる理由はない。この試合に対し、蘇寧発表したテーマは「に」のポスターを添えて「﹄」の文字を激励したチームは、メイン画面とレースバックミラーの追っ手、伝えたい意味も自明�を希望チーム高らかな勝利闘誌を蹴って良い度ターンの試合は、最終的には、別のチームが、南の広州恒大や広州富力協会カップ決勝で友軍と合流する。この試合に言及したところ、試合の重要性を明らかにして、選手たちは勇敢にこの試合を完成させてくれると信じていました。現在、進級決勝のボーナスはまだ最終確定だが、これまで「成績がいいだけに蘇寧、ボーナスが十分に保障」のコミットメントは、選手たちは十分な勇気が相手を迎える。記者は田園圃

乘胜追击剑指足协杯决赛 苏宁期待“一路向南”-中新网   2016赛季第四次碰面!足协杯半决赛第二回合的两场较量今晚打响,苏宁将在主场迎战上海申花。前三次交锋,苏宁2胜1负占据上风。第四次交手,苏宁只需要一场平局就可以实现连续三年打入足协杯决赛的“帽子戏法”。当然,球队更希望能以一场胜利,为球迷们送上一份大礼。   不是冤家不聚头   一个赛季四次碰面   赛季进入中后期,双线作战的苏宁赛事不断。上周,球队刚在主场拿下天津泰达,达成各项赛事五连胜,今晚,他们将继续主场作战,迎接上海申花的挑战。这是足协杯半决赛第二回合的比赛,8月17日的第一回合,苏宁在客场3∶2击败对手,抢得了先机,今晚的比赛,将决定哪支球队进入本赛季足协杯决赛。   江苏足球队和申花在足协杯这一赛事中已是连续三个赛季相遇,上赛季苏宁前身舜天和申花在决赛两回合比赛中大战180分钟,最终舜天通过加时赛在客场赢球,首次夺得足协杯冠军,并获得直通亚冠的资格;2014赛季足协杯,两队和本赛季一样也在半决赛相遇,当时舜天也是在客场取胜,获得主场后又以3∶0击败对手,昂首进入决赛。   如今,江苏足球已进入苏宁时代,和老冤家的交锋依然火爆。本赛季在中超联赛的两次交锋,双方各自在自己的主场赢球,加上足协杯第一回合,今晚双方在奥体将第四次碰面。目前,积分达到50分的苏宁在联赛中排名第二,申花则以8分之差名列第三,强强对话,势必将吸引诸多目光。   希望球员别骄傲   崔龙洙要完成目标   虽然执教苏宁的时间并不算长,但崔龙洙已经两次率队和申花交过手。7月30日,联赛第20轮,崔龙洙的球队在虹口足球场输了个2∶3,半个多月后再次相逢,韩国人赛前明确表示,球队不会在同一个对手身上犯一样的错误。结果人们都看到了,这次是苏宁赢了个3∶2。   客场打入3球,意味着苏宁只要一场平局就能晋级,但球队还是希望能为球迷们献上各项赛事的主场八连胜。“足协杯半决赛是两场比赛,虽然在上一场取得胜利,但是主场比赛也是很艰难的。”赛前,出席发布会的队长吴曦表示,“希望明天的比赛,球队能够延续最近的好状态,完成我们的目标争取晋级。”   而在崔龙洙看来,申花是一支非常好的球队,攻击力也非常强。“希望队员们明天不要骄傲,一定要以坚强的意志充分完成赛前制定的目标。”崔龙洙说,“我们队有自己定的目标,明天不可以大意,以高度的集中精神和斗志去完成我们需要达到的目标。”   崔龙洙和球队的小目标,自然是闯入足协杯决赛,韩国人更大的目标,显然还是明年的亚冠联赛。从目前的情况看,苏宁一只脚已经基本上跨进了下赛季的亚冠,至于需不需要打资格赛,还要视接下来的比赛结果才能确定。   俱乐部海报激励   期待球队一路向南   上轮联赛和泰达的对决,苏宁除了赢球还有一个利好,那就是主力球员得到了部分轮休。加上下半场的补时,洪正好此战只出场了10分钟左右的时间,队长吴曦和进球功臣谢鹏飞以及特谢拉都被提前换下场,对于今天的再次相逢,苏宁没有理由让连续三年晋级足协杯决赛的机会旁落。   针对本场比赛,苏宁也发布了主题为“乘胜追击”的海报,并配上了“一路向南”的文字来激励球队,主画面选用了赛车和后视镜中的追赶者,想表达的含义也不言而喻��希望球队保持昂扬的胜利斗志,踢好次回合的比赛,最终和另外一支球队,南方的广州恒大或者广州富力在足协杯决赛会师。   此前崔龙洙在提到这场比赛时,曾表示比赛的重要性大家都很清楚,相信球员们会很勇敢地去完成这场比赛。虽然目前晋级决赛的奖金还没有最终确定,但按照此前苏宁“只要成绩好,奖金有足够保障”的承诺,球员们将有足够的勇气迎接对手。记者 田园圃相关的主题文章: